コーチング事例集:コーチ養成講座で実践的なコーチング技能と資格取得を。セミナー、研修、コーチングであなたの課題を解決

コーチング事例集

「彼の気持ちがわからない」との悩み~恋人への思いを整理し、相手の気持ちを知る~


結婚を意識しながらなぜ、会話に熱中していないのか、漠然とした不安だったのですが、ようやく最近、彼のある「癖」で自分の感情が乱されているということに気がついたようです。
久代さんは、コーチとそのことをテーマに会話をしました。

「彼といっしょに何かを待つ間、たとえば電車に乗る駅でとか、レストランで係りの人が注文に来るまでや食事が運ばれるまでの間など、彼の貧乏ゆすりがとても気になるんです。ただ、貧乏ゆすりをしているだけならいいのですが、そういう時は、必ず私の話に空返事をしたり、めんどくさそうに返事をするんです。私はそういう彼の返事を聞くたびに、とても不安になるんです」と話し始めた久代さんに、コーチは「ひとつ伺ってもいいですか?」と前置きしながら質問をしました。

「久代さん、あなたの不安は、ズバリ!どんなことに対するものなのでしょうか?」コーチは、ナーバスなテーマであるがゆえに、久代さんに十分な配慮をしてから質問を投げかけたそうです。久代さんにとっては、まさに自分の心の核心を突かれた質問なだけに、答えることを躊躇しました。

「ゆっくり、自分の心と会話していいんですよ。どんな答えでもいいので怖がらないで考えてくださいね」と、満面の笑顔で考える時間を下さるコーチに感謝し、決心して答えたそうです。

「彼は、私に飽きちゃったんじゃないでしょうか? それが怖くて何も聴けないんです」
その後、コーチは、久代さんの気持ちを整理するために、いくつかの質問をしてくださったそうです。

「貧乏ゆすりは、彼の癖なの?」
「久代さんはいつごろから彼の癖が気になりだしたの?」

「つまらなさそうにしているとき、彼は何か別のことを考えたり、悩んでいたりするのではないの?」
「彼の心の中をのぞかせてもらうための質問で、彼がぜったいに嫌うタイプはどんな質問?」

などコーチの質問を受け、久代さん自身の気持ちの整理を行ったそうです。
そして久代さんは、次のデートで思い切って彼に尋ねてみたそうです。

「ねね、聴いてもいい? このごろ、貧乏ゆすりしている自分の癖に気づいてる?」
「空返事をするときって、何を別に考えているか、聞かせてもらえることなら聞かせてほしいけどいい?」と。

現在彼は「大きなPJを抱えており、初めてリーダーに抜擢されたのだが、会議に遅刻してくるメンバーや、書類の締め切り期限になっても仕事を終えられない後輩を抱え、時間に対する感覚が、これまでとはまったく比べものならないくらい研ぎ澄まされている。また、そんなふうに、時間時間とみんなを縛っているような気がして、どうも嫌なんだ」ということを聞かせてもらえたそうです。

現状を確認することの大切さを、久代さんは改めて感じ、勇気を出してコーチの質問に答えた自分へのご褒美は、彼の悩みを打ち明けてもら
えたということであったと、コーチに報告しました。久代さんは恋愛にもコーチングは必要で、機能することを感じたようでした。


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る


コメント(0) | トラックバック(0)
<<喫茶店を開店したい専業主婦の悩み~専業主婦の夢を実現する嫁と姑のコミュニケーション~ | 受験プレッシャーに悩む浪人生~セッションを通して考え直す受験の目的~ >>

カレンダー

<< 2019年 9月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ