コーチング事例集:コーチ養成講座で実践的なコーチング技能と資格取得を。セミナー、研修、コーチングであなたの課題を解決

コーチング事例集

上司への信頼と部下自身の肯定感の醸成のために配慮の一言をいつも忘れずに。


職場の何気ない会話の中に、部下のやる気を削ぐ「種」はいくらでもあります。
I太君のように上司をロールモデルにしているようなケースでは、特に配慮が望まれます。

I太君:
「係長、聴いてください!!(若干気持ちが高揚している感じ)課長ってひどいんですよ。僕が都合が悪いってしってるのに、飲み会セットしたんです」

係 長:
「それは怒れるね。課長もひどいな」

I太君:
「そうですよね。僕、前から課長と呑みたいって言ってたし、課長が候補日を上げられたんで、都合が悪い日をちゃんとお伝えしたんです」

係 長:
「I太君は、ちゃんと都合が悪いことをお伝えしたんだね。それでも、その日にされたのは、何か理由があったんじゃないかな? 伺ってみた?」

I太君:
「はい、他の社員の参加が一番多い日に決めたっておっしゃってました。どうせ僕なんて、末端の末端の部下だから、仕方ないですよね」

係 長:
「I太君は、末端の末端の社員なんだろうか?」

I太君:
「そうですよ。僕は、まだ入社2年目ですし、他に誘われたのは、5年以上の社員ばっかりだから、その人たちの方が優先されるのは仕方がないです。でも、僕も予定聞かれたので、ちゃんとお伝えしたから・・・期待していたんです」

係 長:
「期待を損なわれたことに腹が立つんだね。僕が代わりに謝るのはおかしいことかもしれないけれど、僕の気持ちとしてお詫びしたい。申し訳ないことをしたね」

I太君:
「いえいえ、そんな・・・係長にお詫びしてほしいとは思ってないんです。それに、皆の都合を合わせるのは、たいへんだから、課長も仕方がない選択だったと思います。僕、課長のように仕事ができる人になりたくて・・・でも、僕なんか、まだまだ見積もりの一つも自分では作成できていないし。僕がきちんとお伝えしなかったかもしれないから。」

係 長:
「そうなんだ。I太君は、課長のような仕事ができる上司になりたいんだね。また、機会を作るよ。今度は僕が課長とI太君の二人の都合を調整するよう、約束しよう。」

職場の何気ない会話ですが、I太君のように、憧れの人からの声かけであれば、期待を損なわれた残念な気持ちが、自己肯定感を下げてしまう場合があります。
もし、課長が、飲み会の予定がI太君の都合に合わせられなかったことについて、申し訳ないという配慮を言葉で伝えることができていたら、更にI太君の課長への信頼と、自分への肯定感は上がっていたことでしょう。
上司は、いちいちそんなことは言葉で言わなくてもいいだろう…程度に考えることでも、部下の心は沈む場合があります。コーチングを学習することによって、相手の性格や才能に適した声がけができるようになるため、こういったコミュニケーションミスマッチを避けることができるようになるでしょう。


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

会話の行く先を常に意識することを忘れないようにしましょうね。


コーチングは、問題や課題を解決するために行うものではありません。
問題や課題を抱えている当人が、解決しようと決意し、どう行動するかを決めていく過程をサポートするために行うものです。
問題解決のために、上司と会話する場面が多いので、どうしても、上司が助言や指示を与えてしまいがちですが、部下の心の声は、果たしてそれを望んでいるのでしょうか?
( )の中は、それぞれの心情です。
今回は、そんなことを考えながら、お読みください。

係長:「今年はどんな目標を立てたのかな?」
   (今年も頑張ってほしいという期待を込めた質問)

部下:「はい、わたしも今年で35歳。崖っぷち状態から脱出しようと思います」
   (新年早々、何を聴かれるかと思えば、目標設定かぁ・・・重いな・・・)

係長:「崖っぷちにずっと立っているのかい?」
(そんなこと思っているのか?ちょっと驚いたな)

部下:「はい、ここ数年、思うように成果が上がっていません」
   (ちょっと謙遜しておいたほうがよさそうだな)
                               
係長:「成果が上がっていないと感じているのなら、改善策を考えたらいいのじゃないのかね?」
(おいおい、伸び盛りの君がそんなに気弱なことでどうする? ここはハッパをかけたほうがいいな)

部下:「いえ、改善策は考えているんですが、毎年、結果に結びつかないので」
    (そんなことはとっくに考えてます!)

係長:「それは、改善策とは言えないんじゃないのか?」
(結果が伴わないなら、それは改善策ではないことくらい、彼なら理解していそうなのになぁ)

部下:「はぁ、そうかもしれませんが、アイデアはいいと思うんです」
    (面倒なことになったな・・・しまったなぁ)

係長:「アイデアはいい?じゃ、何が悪いんだ?」
(本気でこの子は考えているんだろうか?)

部下:「はぁ、続かないんです」
    (ヤバイから、本音を言って、話しを終えたいな)

係長:「続かないんじゃなくて、続けないんじゃないのかね?」
(おいおい、冗談じゃないよ。助言したほうがいいみたいだな)

部下:「・・・・」
(おお・・やっちまった!面倒なことになった 説教だなこのパターン)
                     
係長:「主体的に考える癖がないように思うんだが・・・」
(自分の自己成長は自己責任で計画しなきゃダメじゃないか。自分は常にそうしてきたから、今があるのだ。わからせてやろう)

部下:「はぁ・・・・」
   (だから何だって言うんだ。ちゃんと考えているけど、今は何を言ってもダメだな)

係長:「君に一番足らないことは、自分を信じるということじゃないのかね?
決めたことを決めたとおりに実行する。そこには、イレギュラーはない。
    自分を大事にすることだな。今年は、君の自信を高めることが優先されるなぁ」
(自分で考えられないなら、指示を出そう。きっと自分を見失っているだけだ。落ち着けば、自分を取り戻すだろう)

部下:「ありがとうございます。自分を裏切ることに慣れているせいか、係長の言葉 はイマいちピンときませんが、自信が大事だという気持ちは湧いてきました」
   (せめて、ちょっとは言い返しておこう。なんで新年早々説教なんだろう。なんで目標を指示されなきゃならないんだ?)                                   

コーチングの難しさは、部下の話すことを、自叙伝的に聴いてしまうか、あるいは、自分の経験的知見で解決してあげようというおせっかいな気持ちが手放せないからでしょう。
また、会話の目的を見失わないよう、会話の行く先を常に意識することを忘れないようにしましょうね。


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)

負のループを断ち切る人編


才能(資質)や性格、キャリア履歴を活かしたコーチングの事例。
ヒントになっていますか?

課長:「この頃、事務所に活気がないと思わないか?」
係長:「はぁ、そうですか?別に気づきませんが・・こんなもんじゃないですか」

課長:「そうあなたは思うんだね。ところで、活気ってさっき言ったが、活気はどんなもんだと思ってる?何かに例えると何だろう」
係長:「そうですね・・例える?そんなこと考えたことないですよ。上司が活気と言ったら、元気よく返事するとか、挨拶するとか。それなら自分はできていますから。」

課長:「そうだね。あなたの返事や挨拶はいつも明るくて元気がある。それはとてもうれしいことだけど、活気とわたしが言ったのは、空気が元気に動いていて、その空気にみんなが押されて行動できるような、そんなイメージをわたしは持っている。ただ、それがうちの事務所には今はないと感じたんだが、どうだろう?」
係長:「空気感なんて、人によって感じ方が違うわけですから、そんな抽象的なことで、イマドキの若い奴らが理解するとは思えません。」

課長:「イマドキの社員に、あなたは加わってないの?と尋ねたいところだが、それは置いといたとして、活気が欲しいんだよ。わたしは。」
係長:「具体的にどうすればいいんですか?」

課長:「何を望むかではなく、何ができるか、自分たちで考えるよう促してくれないだろうか?」
係長:「自分たちで考えろと、わたしが指示を出したところで、すでに自主的ではないと思いますが、いいんでしょうか?」

課長:「そこまで厳密に考える必要はないと思うし、そんなことを言っていたらいつまでも目標が未達の状態が変えられないのではないだろうか」
係長:「課長は、今の目標未達の状態をどう受け止めていらっしゃるのでしょうか」

課長:「負の連鎖だよ。これはまさしく。」
係長:「どういうことですか?」

課長:「上司の指示を真剣に聴いてくれるのは嬉しいが、いちいち、理論的な自己解釈を披露する前に、自分ができることを見つけて行動してほしいと、わたしは考えている。目標未達の大きな原因は、考えすぎて、行動できないことだろう。漠然と動くことは一見非効率なもんだが、効率を重視するなら、どんな動きが効果的、どんな動きが日効果的かを知らなければならない。とにかく、あなたの役割は、一人一人が、今までの経験を使って、今までより大きな成果を得られるよう指導することです。とにかく、行動の質は次の目標にして、行動の量を増やすよう指示してください。」

理論派は、どうしても、理屈先行で行動量が少なくなってしまいます。
時には、事態を打開するために、行動量を増やすことが望まれます。
この課長のように、部下の話を一生懸命聞いたうえで、指摘と指示をだすことをためらわないように行動してみてくださいね。


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る




コメント(0) | トラックバック(0)

自己信頼感の低い部下の育成


才能(資質)や性格、キャリア履歴を活かしたコーチングの事例。
ヒントになっていますか?

係長:「ありがとう。ようやく契約が成立したそうだね」
部下:「いやぁ、あんなに長く時間をいただいた件ですから、ぜんぜん褒められないです」

係長:「そんなことはないよ。ここまでよく粘ってくれたと思っている」
部下:「いえいえ、係長のフォローのおかげです。自分では何もできていないですから。」

係長:「そうかな?一生懸命頑張ったと思っているんだけどな。自覚がないのも残念だな」
部下:「なぜ、残念なんですか?わたしはまだ、期待を寄せていただける人間じゃないです」

係長:「自分に厳しいことはいいことだが、自分を褒める力もつけないとな。君が先輩になったり、上司になった時、部下に厳しくなりすぎることを考えないとな」
部下:「係長は、私のそんな将来まで考えてくださっているんですか?」

係長:「キャリアは、今、ここに集中することも大事だけれども、キャリアターゲットだけでなく、ビジョンを持たないと、自分の成長が実感できないばかりか、自分の才能や能力の使いまわしができないから、成果が安定しないんだ」
部下:「そうなんですね。僕の契約は常に小さくて・・・少しもチームへの貢献ができずに、苦しいんです」

係長:「君たちの年代は、誰かの役に立ちたいと思う気持ちが強いのは傾向としてあるようだね。しかし、他者への貢献は、自分への貢献とバランスがいるんだ。自分ご褒美ばかりも困るが、他者貢献だけでは心も体ももたなくなる。」
部下:「そうなんですね。でも、自分を自分で認めるのは抵抗があります」

係長:「私が何か手伝ったら、自己認識を高めることができると思うか?」
部下:「ん・・・・考えたことがないので・・・」

係長:「焦らず、ゆっくりでいい。自分を受け入れよう。悪いことだけじゃなく、良い方もね」

自分の価値観は、いつも自分の中心になるため、気づかず過ごすことが多いものです。
自分への評価が厳しい人は、他人にも評価が厳しくなりがちです。
職場が求める評価の基準を、実感させることによって、自分と周りの見え方を変化させることができます。
また、キャリアとは、繰り返し実行して成果を得て初めて習慣化させることができるものです。
基準を肌で感じさせ、成功を満たししているのかいないのかを教えるとともに、
今回の成功を次に活かすためにどうしたら良いかを考えさえるために、一つの行動の結果は、必ずフィードバックしてフォローするようにしましょう。


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る




コメント(0) | トラックバック(0)

初の新人指導係になる人編


才能(資質)や性格、キャリア履歴を活かしたコーチングの事例。
協働作業のヒントが見つかりますように。

部下:「係長、先ほど人事から任命を受けました」
係長:「新人の指導係のことですか?」

部下:「はい。大卒の男子とペアで、三か月の指導を行うようにとのことです」
係長:「初めてでしたね?」

部下:「はい。いい奴だといいんですが・・・」
係長:「あなたにとって、「いい」人と言うのは、具体的にどんなことを意味するんですか?」

部下:「はぁ、それはやる気があるとか、ポジティブだとか。明るいとか」
係長:「そうでなければ、何か問題になることがあると考えるんですね?」

部下:「いやぁ、そんなに大きな問題でもないですが、ネガティブなタイプだと苦手です」
係長:「あなた自身は、ポジティブですし、常に明るく朗らかですね」

部下:「ありがとうございます」
係長:「指導係としてのあなたに聴きたいのですが、やる気がない新人が入ってくると思いますか?」

部下:「いやぁ、さすがにそれはないと思いますが・・・」
係長:「では、やる気が下がるとしたら、何が原因だと思いますか?」

部下:「仕事のやり方とか、会社に馴染めずに不安になるとか・・・」
係長:「指導係の役割は何だと思いますか?」

部下:「わたしの役割ですか?・・・仕事を教えること・・ですかね」
係長:「仕事を教えることも役割の一つですが、不安を抱くことがないよう、まずは、困っていることを聴いて、フォローして安心させてあげてください。新しい環境に入れば、誰でも不安を抱くものです。上司や先輩の名前一つがわからないことが、不安の種になります。最初から、仕事を軸に置いた関係を整えるのではなく、まずは、会社の生活に馴染めるよう、フォローをお願いします。あなたは、日ごろからとても親切な人なので、私は心配をしていません。
しかし、初めての指導係ですから、あなたの不安を持つかもしれませんから、いつでも相談してくださいね。」

春は、新しい環境に臨むチャンスが多くなります。
誰もが抱く「不安」を払しょくするために、誰かの手がそこに伸びていることを知るだけでも、心が落ち着くものです。
部下への心配りを忘れないようにしましょう。

調整力の高い人の表現:
ノリのいい性格の行動特性:


竹内 和美竹内 和美 (たけうち かずみ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25

カレンダー

<< 2018年 6月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ