コーチングを行うためのコーチングスキルについて。

「コーチングスキル」とは何か:コーチングを知る

コーチングスキルとは

コーチングとは、「人は無限の可能性をもっている」「その人が必要とする答えはその人のなかにある」「その答えに気付くためにはサポートが必要である」この3つを基本にして、人には達成したいと思う気持ちや目標があり、その目標を、自ら決めた方法で積極的に素早く達成することができるように、個人的な特性と強みを活かし、その人が本来もっている能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、自ら考えさせ、行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すコミュニケーションサポートのことをいいます。
「人は無限の可能性をもっている」「その人が必要とする答えはその人のなかにある」わけですが、それだからといって、「答えはあなたが持っている、あなたは出来る人なのだから、どうすればいいか自分で考えなさい」とつき話してしまえばいいというわけではありません。もちろん、それでも答えは導き出せるでしょう。コーチはコーチングを行うことによって、相手が望む目標をより早く、より多く達成できるようサポートしていく わけです。
コーチングを行う際に、コーチが使用するスキルをコーチングスキルといいます。コーチは決して指導しません、クライアントが答えに自ら気づくようにサポート(支援)していくわけです。クライアントが「自分は無限の可能性をもっている」「自分が必要とする答えは自分のなかにある」「コーチのサポートにより、その答えに気付くことが出来る」とクライアント自身で自覚し、次の行動にまで落とし込んでいくことをコーチとしてサポートするのです。
「クライアントが自分で気づく」ということが、重要です。コーチとクライアントと間に良好な信頼関係が保たれ、クライアントが自分の能力に自信を持ち、自分の持っている答えに到達していくことが、コーチングの目的です。 そのために、コーチングスキルが重要なものとなります。

コーチングの3大スキル

コーチングとは、クライアントがコーチとのやり取りの中で、クライアント自身が状況を正確に把握し、自分の把握した状況に対してとるべき的確な対応を認識し行動につなげていくことが出来るように仕向けていくために行われるコミュニケーションです。
コーチングにおける主役は、コーチではなくクライアントです。
コーチはあくまでもクライアントの答え(取るべき行動)に対する気づきを促すサポート役となります。クライアントの答え(取るべき行動)に対する気づきを促すために重要になるのが、コーチとしてクライアントに自分の思っていること、感じていることを何でも話してもらい、それに対して予断を持たずに聴く(1)傾聴のスキル、クライアントの現状や考え方等に対してそれを認めていく(2)承認のスキル、クライアントが自ら考えて答えを導き出せるように仕向けていくような質問を行う(3)質問のスキル、この3大スキルです。コーチはクライアントとのやり取りの中で、この3大スキルを使いながら、的確なコミュニケーションをとることによって、クライアントが望む目標をより早く、より多く達成できるようサポートしていくのです。